インフォメーション

NEWS INFORMATION

FIDが所有する特許技術「配布物発注システム」の印刷会社向けプラットフォームを一般開放。

2018年6月15日
株式会社FID

FIDが所有する特許技術「配布物発注システム」の
印刷会社向けプラットフォームを一般開放。

報道関係者各位


株式会社FID(本社:東京都新宿区、代表取締役:和田 聖翔、以下FID)は、MA(マーケティングオートメーション)ツール「MOTENASU(※1)」の特許技術「配布物発注システム」(特許第6186391号)の印刷会社向けプラットフォームを開発し、これを一般開放する。

「配布物発注システム」は、MAツール「MOTENASU」のコアシステムの1つであり、印刷会社が得意とする印刷形式に合わせてDMをはじめとする紙媒体を自動で出力できる。適切なターゲティングをした上で印刷指示から発送までオートメーションで行え、MAでは唯一、システム単体でオンライン(デジタル)とオフライン(アナログ)施策の双方をワンストップで実現可能なシステムだ。

通販の購買データや動態データを基に、特定のユーザーへキャンペーンDMを発送したり、商品お届け時の同梱物施策も親和性の高い訴求ができるので、アップセルやクロスセルの機会創出となる。リアル店舗とバーチャル店舗の情報を集約することで双方に接点のあるユーザーを割り出し、顧客コミュニケーションを活性化させるオムニチャネル施策を実行することも可能だ。

新サービスの解説画像

これまで配布物発注システムは、ご導入いただいた企業様をはじめ、多くの企業やメディアに興味を持っていただけたが、「自社で特定する印刷会社に依頼したい」、「興味はあるが既に他社のSFAやMAを導入している」など、利用するシステムや印刷会社が導入のボトルネックとなっているケースも多かった。

そこで、弊社は「出力部分に関するプラットフォーム」を開発し、印刷会社向けに一般開放することを決定。企業様には既に導入しているMAやCRM、SFAなどのシステムはもちろん、希望の印刷会社と連携してMOTENASUを導入でき、また、印刷会社は自社の得意とする印刷形態でシステムを連携させることが容易になるというメリットもある。

配布物発注システムにより、企業様はターゲットの抽出から配布物の送付までの作業時間が大幅に短縮でき、エンドユーザーも興味・関心が冷めないうちに情報を受け取れるので、今まで以上に強力なマーケティング施策が可能となるだろう。

「MOTENASU」とは (※1)

FIDが取得している特許技術「配布物発注システム」を組み込んだMAツールであり、これによりデジタル領域のみならず、DMなどの紙媒体でもOne to Oneマーケティングの自動化を実現する国内唯一のワンストップシステム。顧客ごとにパーソナライズされたDMと、オンライン&オフラインを融合した施策により、今までにない強力なマーケティングが実現する。

MOTENASUの解説画像

会社概要

会社名
株式会社 FID
所在地
東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル3F・5F
代表取締役
和田 聖翔
コーポレートサイト
https://www.f-i-d.jp/
MOTENASU
サービスサイト
https://motenasu.info/

本リリースに関するお問い合わせ

FID広報受付窓口
営業時間:09:00~18:00
E-mail:motenasu@f-i-d.jp

PAGE TOP