インフォメーション

NEWS INFORMATION

MAツール「MOTENASU」とソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」が連携!

2018年11月8日
株式会社FID

MAツール「MOTENASU」とソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」が連携!
LINEユーザーと既存顧客データを紐づけ、より高度なマーケティングが可能に!

報道関係者各位

株式会社FID(本社:東京都新宿区、代表取締役:和田 聖翔、以下FID)は、株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下フィードフォース)の提供するソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」との連携により、FIDの提供するMA(マーケティングオートメーション)ツール「MOTENASU(モテナス)」でLINEログイン機能および、LINEユーザーと既存顧客のID連携が可能になりました。

ソーシャルメディアの普及により、サイトの会員登録の際に、FacebookやLINEなど使い慣れたサービスのアカウント情報を用いてログインできる「ソーシャルログイン」を導入するサイトが増えてきました。ユーザーにとっても利便性が高く、ソーシャルログインを導入したサイトは、導入前に比べ会員登録率やCVRが大幅に向上した事例もございます。

ユーザーは会員登録や購入の際、LINEアカウントを用いて簡単に入力フォームへ個人情報を呼び込めるので、ストレスなくスムーズに入力を完了でき、離脱を抑え会員登録率やCVRの向上につながります。また、登録フォームのアシストだけではなく、自動友だち追加機能により、LINEログインしたユーザーを自動的にLINEの友だちとして登録することが可能で、友だち登録したLINEユーザーとMOTENASU内に格納されている既存顧客データを紐づけられるのもソーシャルPLUS連携のメリットです。

ソーシャルログインの流れ

メールマガジンが開封されにくくなった昨今、メールに代わるチャネルとして、LINEによるコミュニケーションやマーケティングが当たり前になってきましたが、単にLINEの友だち登録をしてもらっただけではLINEユーザーと既存顧客情報の「名寄せ」ができず、複数のチャネルにまたがる顧客データを統合することが課題でした。

例えば、リアル店舗とECサイトでオムニチャネル展開をしている企業の場合、店頭のチラシからLINEの友だち登録をしてくれた新規顧客のAさんが、実はECサイトではロイヤルカスタマーかも知れませんし、顧客の属性・情報が分からなければ1人ひとりに最適な訴求はできません。

FIDのMAツールMOTENASUは、単純にソーシャルIDと既存顧客情報を連携できるだけではなく、紐づけすることから高度な技術を発揮させることが可能となります。

LINE IDと既存顧客データを紐づけることが可能!

MOTENASUを導入すれば、各チャネルによる配信時に文章やクリエイティブを自動で差し替えられ、DMのQRコードやメールのURLの推移先もマルチタグによって自在に変更できるので、お客様視点のパーソナライズされた訴求が可能です。このマルチタグ機能を利用したメール施策では、従来の3倍以上の結果につながった事例もあります。

さらにはLINEとDMを組み合わせたチャネルミックスも可能で、メールやLINE、DM、コールセンターなど、オンラインとオフラインを融合した「オンオフ融合マーケティング」を実現できます。

MA市場の中でも、月額20万円以下でありながらLINEとの紐づけが可能で、顧客軸で配信クリエイティブ、推移先クリエイティブを自動変換できる機能を備えているのはMOTENASUのみです(※2018年10月現在 FID調べ)。

ぜひ、この機会に高度技術なマルチチャネルによるマーケティングを実施しませんか?

全ての情報を集約し、多数のチャネルでアプローチする「MOTENASU」

ソーシャルPLUSとは

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやFacebook、Yahoo!JAPAN、楽天など、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。

ソーシャルPLUSの詳細はこちらをご覧ください。
https://socialplus.jp/

LINEログインとは

LINEログインは、Webサイトやアプリにおいて、ユーザーがLINEのアカウント情報を利用して簡単に会員登録やログインができる機能です。

ソーシャルログインとしての機能はもちろん、ユーザーがLINEログインをすることでユーザーの会員IDとLINEアカウントを連携し、同時に企業のLINEアカウントを友だち追加することができ、個別の会員向けにLINEでプッシュメッセージが配信できる仕組みを構築可能にします。

「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプション機能を利用することで、各機能の実装や運用にかかるコストを大幅に削減することができます。

「ソーシャルPLUS」LINEログインオプションの詳細はこちらをご覧ください。
https://socialplus.jp/line/

MOTENASUとは

顧客情報の管理や、オンラインとオフラインの施策を融合させた「オンオフ融合マーケティング」が実現できる画期的なMA(マーケティングオートメーション)ツールです。メール、LINE@、SMS、DMなど最大級の配信チャネルを搭載し、特許取得の「配布物発注システム」により、顧客の趣味嗜好に合わせたDMを、自動的に適切なタイミングで送ることができます。スコアリングやRFM分析機能も充実しており、優先度の高いリードの可視化が可能です。

「MOTENASU」の詳細はこちらをご覧ください。
https://motenasu.info/

株式会社FID 会社概要

会社名
株式会社 FID
代表取締役
和田 聖翔
所在地
東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル3F・5F
TEL
03-6911-3800
FAX
03-6911-3801
設立年月日
2011年10月
主な事業内容
ITに関する総合的なサービスの提供
  • システムインテグレーション事業
  • IT業界のコンサルティング事業
  • EC支援事業
  • インターネットメディア事業
  • インターネット広告事業
  • インターネット通販などの物流発送、出荷代行事業
資本金
3,000万円
URL
https://www.f-i-d.jp/
【本リリースに関するお問い合わせ】

株式会社FID

TEL:03-6911-3800 FAX:03-6911-3801
営業時間:09:00~18:00
E-mail:motenasu@f-i-d.jp

株式会社フィードフォース 会社概要

フィードフォースは、「働く」を豊かにする。〜B2B領域でイノベーションを起こし続ける〜 をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名
株式会社フィードフォース
所在地
東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル 5F
代表者
代表取締役 塚田 耕司
事業内容
データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Web サイト
https://www.feedforce.jp/

PAGE TOP